タカノリフローラルの植物
    
☆マウイでキャンプ ハレアカラ編 ハナへの道編 携行品
      

2006年02月21日

タヌキ合戦(昼)

土曜日に輪工房主催の第1回ALL筑波たぬき合戦というイベントに参加しました。

参加チームは10チーム。

競技内容
三人組で1チーム。
SS1からSS6のステージがあり、SS1とSS5はラン、他はMTB。(SSはスペシャルステージの略たぶん)
各SSに緯度、経度が決められたCP(コントロールポイント)があります。はじめに渡された地図にCPの場所が記されていて、地図を見ながらCPに向かい、CP付近からはGPSで位置を特定していきます。
CPには通過証明のシールが置いてありそれをみつけてタイムカードに張っていきます。

私はアンカブルー2号さんと安価白さんとチームムシキングで参加。
上位チームの順位当てクイズの下馬評でなぜか一番人気(GPS3台もってたから)というプレッシャー
の中スタート。

SS1はランステージ。ここで、幸先よく一番早くCPを見つけたアンカブルー2号さんが、足を痛めて痛恨の戦線離脱。SS2からは司令塔を欠く2人チームなってしまいました。ポイント探しでだいぶ不利になりました。

SS2のスタートは早かったのですが、ルーティングを誤りいきなり藪漕ぎ。
CP3が難しいところに隠されていて、各チームが固まりだんご状態に(私たちのチームは捜索40分)。
ここから化かしあいが始まりました。
CPを見つけても他のチームにはばれないようにしなければなりません。

CIMG1574.jpg

登山道からちょっと離れた藪などにCPが置かれていました。
混戦模様のとき、私が一番に見つけることもありました。
シールをはがすにはグローブをはずさねば取れません。
グローブのマジックテープをべりっとはがすその音で発見を感づかれたりするとは。
なかなかだますのは難しいです。
もちろんこのあとはポイント付近に付いたらまずグローブはずしてました。

SS2終了時点でトップと40分差の4位。
SS3から快進撃が始まりました。

CIMG1582.jpg

ここがポイント。CP1の裏側に予想通りシングルトラックが。途中から藪漕ぎして、首尾よくCP2までショートカット。かなり時間短縮できたはずです。

SS3は私に何かが降りてきたのか、このステージを担当したtatsuさんとの相性がいいのか、1、2分でポイントを見つけたりでトップに追いつきました。

CIMG1581.jpg

小田山山頂です。遠くに見える赤ジャージの方々がMTBアテネ五輪代表の竹谷選手率いるスペシャライズドのMTIチーム。

CP4でも降りてる私は即座にポイントを発見してついにトップに。

CIMG1582.jpg

CP5だけ変則的で、なあばす&AkiさんによるCAFE De Asoでデザートと飲み物を完食するとスタンプがもらえるというもの。気づかずに5分くらいGPSで探しまわってました。メニューもかなり豊富という手の入れよう。おいしかったです。お茶(異常に熱かった)を早く飲み干すのにキャメルバックから水を吸い出して、コップにいれて薄めるという汚げ(両方の意味で)な手段も。せっかくのおいしいお茶味わって飲めませんでした。ごめんなさい。

チャリ道楽輪行部チームが既についてました。私たちが2番目かと思いきや、CP4を飛ばしてきたそうです。3時半が足切りタイムで間に合わないと2時間ペナ、CP通過しないと1時間ペナなので、時間優先できたそうです。賢い! でも40秒足りなかったそうな。もう少しでダントツトップだったのに。

全チームが時間制限に間に合わなかったため、SS4はキャンセルに。

私たちムシキングチームがSS3終了時点でトップに立ちました。MTIチームと40秒差。


夜の部 SS5へ続く。


_________
20日
本日の農作業
出荷・・・ジャスミン、ハーデンベルギア、コバノランタナ
ジャスミン・・・挿し木

本日の運動      累積
スイム   0     1
バイク   0    134  km
ラン    0     23



















posted by ずっきーに at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。