タカノリフローラルの植物
    
☆マウイでキャンプ ハレアカラ編 ハナへの道編 携行品
      

2006年09月04日

エクステラ ジャパン スクランブル

8月27日(日)にエクステラ スクランブルに参加しました。

・標高2577mの日光白根山山頂を極める延長30kmの本格的山岳ラン大会
・日光白根山登山道、スキー場、湖岸遊歩道、アスファルト路など多彩なコースレイアウトで走りごたえ十分

とあります。

その通りでした。

男子91名 女子15名 106名の参加でした。

結果は 4時間5分45秒で 男子28位。

エクステラとの合計タイムが7時間16分24秒で 4位でした。

明け方は雨が降っていましたが、スタートの7時には止みました。
スタートして30分くらいはエクステラの疲れか足が重かったです。それから朝食にパスタとパンを食べすぎたせいもあります。お腹いっぱいな状態でスタートはいつものことですけど。

序盤の登山道は大会のために整備されたようなところで普段歩かれてなさそうなところでした。コースをつくられたスタッフの皆様のご苦労がわかります。

登った後は登山道を下ります。ここから元気が出てきました。下りは楽しいです。

それから割りと平坦な登山道を走りると、スキー場のゲレンデに出ます。かなりの斜度です。とても走れません。急斜面の登山が私は苦手だったようで、後ろから来た人にだいぶ抜かされました。このへんから、マラソン仲間のossakovaさんと合流してしばらく一緒に走ります。

ゲレンデを過ぎてからは日光白根山山頂に続く登山道をひた登ります。

森林限界を超えたころは、ちょっと寒気を感じました。実はこんなに高いところにきたのは初めてです。筑波山くらいしか登ったことがありませんでしたから。特に息がみだれることはありませんでした。

山頂はガスっていて景色が見えなかったのが残念でした。

立ち止まることもなく直ぐに下り始めたので、どこが山頂だったかよくわかりません。

ここからの下りは、岩だらけで慎重に下りましたが、下りの上手な人は駆け下って行きました。

下った後はまた上り返します。前白根山頂では、晴れてきて眼下の五色沼が綺麗でした。この辺はエクステラ3位のキムさんと一緒でした。登りで抜かれ、下りで抜くような感じでずっと一緒でした。下りで快く道を譲っていただいて感謝です。

上り下りを繰り返し、一度道を間違えそうになりましたが参加者同士で助け合い、正常のコースへ戻れました。一人だったら、道を間違えていたかも知れません。この辺でタイツを枝に引っ掛けて30cmくらい切れました。痛くはありませんが、見た目がいたいたしい。

その後、はしごを使って下るセクションもありました。アドベンチャーな感じです。

その後はちょっとガレた登山道をしばらく下ります。岩にコケが生えていてすべって何度かヒヤッとしました。

その後は国道の脇につくられた道を行き、はじめに登った登山道を下りゴール。

非常にバラエティーにとんだコースでおもしろかったです。

ossakovaさんが私の約3分後にゴール。青梅で50秒差で負けたので、雪辱を果たせました。

CIMG2603.jpg

約30分後にスタート前のアップでちょっと腰をずらしてしまったはなこさ〜んさんも無事ゴール。

CIMG2602.jpg

ゴール前ではパーカッション主体の民族音楽的な音を演奏していて、とてもよい雰囲気でした。

こんな素晴らしいロケーションなのに、参加者が100名足らずとはもったいないです。もっとPRして参加者が増えれば良いですね。

レース中に写真を撮る余裕はありませんでしたが、moaiさんのブログにレース中の絶景の写真がありました。

スタート前の私とはなこ〜さんさんとossakovaさんの写っている写真がありました。
R工房ジャージが目立ったいて撮ってくれたのでしょうか。

banner_02[1].gifあなたの清き1クリックが私のブログ更新の励みとなります
_______________
3日
本日の農作業
水遣り

本日の運動      月間累積
スイム    0      0
バイク    47     88
ラン     0      0
posted by ずっきーに at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。