タカノリフローラルの植物
    
☆マウイでキャンプ ハレアカラ編 ハナへの道編 携行品
      

2008年01月14日

冬の寄せ植え

一応、園芸も趣味なので、今玄関にある寄せ植えを紹介します。

寄せたのは昨年です。

CIMG3809.jpg

材料は
クリスマスローズ
パンジー
コチア ダイアモンドダスト
葉牡丹
ヘデラ

もちろんすべて耐寒性があります。

CIMG3810.jpg
コチア・ダイアモンドダスト

マイレアナ・セディフォリアという学名の植物ですが、なぜかコチアで流通しています。コチア(コキア)はホウキ草のことです。似ているといえば似てなくもないかもしれませんが。クリスマス向けにツリーのような感じに使える植物ですね。来年、生産する予定です。

うしろに見える葉牡丹は、レアな葉牡丹ノーザンライトレッドの自分で採った種を蒔いて遊びでつくったのですが、多様な個体ができてしまって、売り物にはなりませんでした。

CIMG3811.jpg
パンジー

毎年、直売などで売るためにちょっとつくっています。
これは、パンジーとビオラの中間的な品種でパノラというやつで、パンジーのような大きめな花で、ビオラのように寒くてもたくさん花を咲かせてくれます。この赤色が一番不人気色だったので、コレばかり植えてやりました。一応、赤と緑でクリスマスを意識した色合いにしています。ちなみにパンジーの花の模様でよくある中の黒い浸みのようなのをブロッチいいます。

CIMG3812.jpg
クリスマスローズ

クリスマスに咲くほんとうのクリスマスローズ、ヘレボルス・ニゲルです。一般的なもの(オリエンタル系)は二月ころ咲きます。
一番上の写真の左がジョーセレクト、真ん中がクリスマススター、左がジョセフレンパーという品種です。違いはあまりよく分かりません。
ニゲルは黒という意味ですが、茎が黒いのでそう呼ばれています。花は基本的には白ですが、少し赤みがかったり、緑になったりします。理想としてはずっと真っ白なほうがよいと思います。
クリスマスローズも今年からちょっとつくろうかと思っています。売るまでに3年くらいかかりますが。

次回はもうひとつの寄せ植えを紹介します。

読んだら人気blogランキングへ←ぽちっとお願いします。
_______________
本日の農作業
ジャスミン・・・剪定
posted by ずっきーに at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78335051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。