タカノリフローラルの植物
    
☆マウイでキャンプ ハレアカラ編 ハナへの道編 携行品
      

2008年06月07日

花の即売会のおしらせ

しばらく更新が滞ってしまい、すみません。ちゃんと生活していますのでご安心を。

今週末、7、8日に県西フローリスツ(地元の若手花農家の集まり)のメンバーで花の即売会をつくば市のグランステージ山新の園芸コーナーの場所を借りて行います。

場所が場所なので価格は気持ち安めな設定ですが、花をつくっている本人に直接話しが聞ける機会ですので、興味があればお越しください。私は8日にいます。

私もいろいろ販売します。
今売れるものが11品目ありました。
少量多品目生産になってしまっているのと、栽培と管理をほぼ一人でしているのが最近ゆとりのない駄目な生活にしている原因かもしれません。

販売する植物と最近の温室の様子をちょっと紹介します。

CIMG3855.jpg
矮性ヒマワリのビッグスマイル

CIMG3856.jpg
4号鉢です。ちょっと延びすぎですかね。今年はじめてつくりました。

CIMG3857.jpg
水生植物イソレピス ライブワイアー。あまり売れませんが昨年たくさん種を更新したので、ちょっとつくりました。

CIMG3858.jpg
セリンセ・マヨール これもマイナーであまり売れません。かわいいとおもうんですけど。
アンケートにお答えいただいた各日先着50名様にプレゼントします。
なかなか売っていない珍しいものをあげようということでこの植物になりました。

CIMG3860.jpg
テイカカズラの初雪かずらと黄金錦。

CIMG3861.jpg
これらはパイプハウスで結構つくってます。ホントはまだ売れるほど大きくなってません。
手前にあるのはニューギニアインパチェンス。

CIMG3862.jpg
フクシアの8号鉢のハンギングバスケットです。こんな大きなフクシアをつくっている人はあまりいないと思います。夏越しが難しい植物ですが、地面からの輻射熱を避けるにはハンギングにするのが一番よい方法です。

CIMG3863.jpg
袋詰めがちょっとコツがありたいへんです。

CIMG3864.jpg
実生系(種からつくるやつ)のニューギニアインパチェンス。ディバインシリーズ。

CIMG3865.jpg
マイナーなものばかりでなくメジャーな花らしい花もつくろうとおもいつくりました。1000粒ほどしか蒔いていませんが、挿し木してもう2000ほど増やしました。ニューギニアインパチェンスはパテント品種(高いプラグ苗を買うもの)が多いので、種からつくって安く消費者に苗ものとして売れればよいとおもったのですが、あまりセリの価格は安定しませんね。

CIMG3867.jpg
メジャーなものとしてつくった実生系のアイビーゼラニウム。
発芽率がすごく悪かったですし、生育も遅いのでもうつくらないかも知れません。

CIMG3868.jpg
とても雑多な温室。

CIMG3870.jpg
3、4年ベンチ(植物を置いておく棚のこと)の下で放置していたボストンファーン。ただのシダです。一応売ってみます。

CIMG3871.jpg
ポルフィロコマ・マラカス。

CIMG3873.jpg
今、力を入れている植物のひとつ。日陰でも育つのが売りです。

CIMG3881.jpg
英名がBrazilian Fireworks なので「ブラジルの花火」で売っていこうと思います。

CIMG3874.jpg
フクシア・ガーテンマイスター

CIMG3875.jpg
こんな花です。フクシアの仲間ではトリフィラタイプといいます。
これは5、6年つくっていますが、今年はちょっとたくさんつくりました。 

CIMG3877.jpg
今、もっとも力を入れているユーフォルビア・ダイアモンドフロスト。温度があれば咲き続けます。これは8号鉢。

CIMG3878.jpg
5号鉢。かわいい鉢です。場所がないので吊り下げまくってます。

CIMG3882.jpg
茨城県花の展覧会で銀賞をいただいたので、賞状のコピーをラミネートしたのをつけました。少しでも販売促進の足しになればよいです。3号のポット苗も売ります。これは苗を買っているので、ひとつ売るのにラベル代と苗代で80円かかります(ラベルなしで売るのは反則)。なるべく大きな鉢にして売りたいのですが、直売ならポット苗で売るのもありかと。

CIMG3880.jpg CIMG3884.jpg
週末売るものはこんな感じです。

売れてくれればいいですけどね〜。

_________________
最近の農作業
出荷・・・ダイアモンドフロスト、フクシア、ニューギニアインパチェンスなど

アーチチョークの定植、ジャスミンのピンチ・定植、ダイアモンドフロストのピンチ・定植、ポルフィロコマのスペーシング、ヒマワリのスペーシング・薬剤散布、ガーテンマイスターのスペーシングなどいろいろ。

いろいろやっていてジャスミンがなかなか植え終わりません。

最近の運動
5月22日 バイク 42km

最近の運動       月間累積
スイム  0        0
バイク  42        109    km
ラン   0         9

6月6日 ラン 5km
最近の運動       月間累積
スイム  0        0
バイク  0        0    km
ラン   5         5
posted by ずっきーに at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。こちらには偶然たどり着きました。フクシアを栽培しています。
Gartenmeister Bonstedt、すばらしい品種なのですが、少なくともこちらの(大阪府内の地方都市です)一般園芸店では流通度が低く残念です。
これによらずトリフィラタイプはいずれもそうですね。
海外では多くの品種が流通しているのですが。

トリフィラタイプのフクシアには葉が美しく花色が鮮明なものが多いので好きなんですよ。

生育が旺盛なので、今年は尺鉢相当に植えております。
Posted by YoYo at 2008年06月17日 11:17
はじめまして。
YoYoさんのサイトには私も以前おじゃましたことが何度かありました。フクシアについて細かく解説してありたいへん勉強になります。
Gartenmeister Bonstedtは私くらいしか市場に出してないかも知れませんね。
今度、大阪の市場にも出荷してみようと思います。
Gartenmeister Bonstedtは紫に輝く葉色とオレンジがかった赤い花色のコントラストがとても美しい植物だと思います。ただ夏の暑さに弱いところが売りにくいところです。
Posted by ずっきーに at 2008年06月24日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。