タカノリフローラルの植物
    
☆マウイでキャンプ ハレアカラ編 ハナへの道編 携行品
      

2007年03月30日

常陸野ネスト スイートスタウト

Image193.jpg

生産国 日本
スタイル スタウト
荒川沖のやまやで368円で購入

昨年の秋に買って忘れていました。醸造所は那珂市の木内酒造。
一応賞味期限が切れていました。
ギネスビールと同じスタウトです。
大麦をローストした焦げの苦味が特徴です。見た目の真っ黒さに比べてのみ易いです。
ギネスほどクリーミーさはありません。
私がつくった黒糖スタウトより癖はありません。

読んだら人気blogランキングへ←ぽちっとお願いします。
__________
28日
本日の農作業
フクシア(レッドスパイダー)・・・吊り下げ
ジャスミン・・・剪定、挿し木

本日の運動       月間累積
スイム  0         2
バイク  0        148   km
ラン   12         76

29日
本日の農作業
ムラサキシキブ・・・定植、移動
フクシア(カーテンコール)・・・わい化剤ドレンチ
アメリカンブルー・・・ピンチ
posted by ずっきーに at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

常陸野ネスト ペールエール

Image045.jpg

生産国 日本
スタイル ペールエール
つくばのファミマで368円で購入

常陸野ネストは茨城が世界に誇る地ビールです。醸造所は那珂市の木内酒造。数種類あります。

ペールエールは英国ビールの発祥地バートン・アポン・トレントで生まれた上面醗酵淡色ビールです。
常陸野ネストビール「ペールエール」は、英国産のモルト、ホップをふんだんに使い、本場の英国式の醸造法で仕込みました。
アロマホップの華やかな香りが特徴的なビールです。

と、あります。

普通のペールエールです。普通においしいです。

夏ごろから、つくば周辺のファミマには、ペールエール、ヴァイツエン、ホワイトエールの3つは大抵置いてあります。寄るとつい買ってしまいます。値段が高いので万人受けはしなそうですね。1本の値段が発泡酒3本分くらいですから。これから先も置き続けてくれるかは、微妙なところです。

どこら辺のファミマまで取り扱っているのか調べる必要がありそうです。

にほんブログ村 自転車ブログへbanner_02[1].gifあなたの清き1クリックが私のブログ更新の励みとなります

________________
9日
本日の農作業
水遣り
フクシア・・・挿し木

10日
本日の農作業
ボストンファーン・・・ポット上げ
コバノランタナ・・・温室取り込み
posted by ずっきーに at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

常陸野ネスト ホワイトエール

Image043.jpg

生産国 日本 
スタイル ベルジャンホワイト
つくばのファミマで347円で購入

常陸野ネストは茨城が世界に誇る地ビールです。醸造所は那珂市の木内酒造。数種類あります。

World Beer Cup - 世界中からビールが集まりその味を競う、2年に一度アメリカで開催される、世界最大のビア・コンペティションの2000年、2004年にHerb and Spice Beer部門において、この常陸野ネストビール「ホワイトエール」が、金賞を受賞しています。

コリアンダー等のハーブ、オレンジなどを材料に加えたベルギー伝統のホワイトエールです。

ヒューガルデンホワイトをくどくしたような感じです。はじめはコリアンダーがきつすぎると感じましたが、飲みなれると癖になります。

個人的にはヒューガルデンのほうがあっさりしてフルーティーで好きです。

にほんブログ村 自転車ブログへbanner_02[1].gifあなたの清き1クリックが私のブログ更新の励みとなります
________________
7日
本日の農作業
シバザクラ・・・挿し木
posted by ずっきーに at 03:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

サン・ルイ・クリーク・ランビック

CIMG2569.jpg生産国   ベルギー
スタイル  フルーツランビック
つくばのキュートのやまやで298円で購入

このビールをつくっているファン・ホンセブラウク醸造所はランビックの本場ブリュッセル郊外のパヨッテンラントにないので正統なランビックとはみなされません。シャンパーニュ地方でつくったスパークリングワインしかシャンパンと呼んではいけないのと同じように。
生のフルーツではなく果汁をつかいフルーツの香りとランビックの乳酸味をバランスよく調和させています。
十分おいしいです。何より安い。ベルビューと比べると半額以下ですから。
安価にフルーツランビックを楽しめます。ちなみにクリークとはさくらんぼのこと。

ランビックについてはコチラで説明しています。




CIMG2571.jpg
王冠がかわいいです。

banner_02[1].gifあなたの清き1クリックが私のブログ更新の励みとなります
_______________
7日
本日の農作業
出荷・・・アメリカンブルー、コバノランタナ
水遣り
ジャスミン・・・ピンチ

8日
本日の農作業
水遣り
ジャスミン・・・ピンチ

本日の運動       月間累積
スイム    0      0
バイク    0     207  q
ラン     21     45
posted by ずっきーに at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ヴェルテンブルガー・アッサムボック

CIMG2391.jpg

生産国 ドイツ

スタイル ボック

つくばのキュートのやまやで¥498で購入(500ml)

ボックはアルコール度数の高いラガービールです。このビールは6.5%のドッペルボック。英語ならダブルボック。ドッペルボックを凍らせてアルコールを高めたアイスボックはアルコール分14%なんてのもあります。

色はブラウンで濃い目です。

麦汁由来の優しい甘みと濃厚なコクが特徴です。とラベルにあります。

確かに麦芽の甘みがかなり残っているようです。ホップの香りは弱く、ビールを造るときのウォートを煮込んでいる時のあの匂いと味がします。なかなか癖があってよいです。

初めて飲んだのですが、初めて造ったビールは実は何もよく分からずにボックのキット缶を使いました。本物はこんなだったのですね。冬にまた仕込んでみようと思います(ラガー酵母は10度以下で活性)。濃いーのを。

banner_02[1].gifあなたの清き1クリックが私のブログ更新の励みとなります
________________
18日
本日の農作業
出荷・・・アメリカンブルー
デュランタ・・・剪定

本日の運動      月間累積
スイム  0       6
バイク  0      163  km
ラン   0        33
posted by ずっきーに at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

禁断の果実

CIMG2342.jpg

生産国 ベルギー

スタイル ベルジャン・ストロングエール

ヨークタウン板東のベニマルで400円くらいで購入。

久々に世界のビールの紹介です。ブログのネタがないとき用に買い貯めておいたビールがいくらかあります。

ヒューガルデン醸造所のビールです。
オランダ語ではフェルボーデン・フリューフト、禁断の果実という名で売ってます。
ラベルはルーベンスの同名作品を使用。

複雑な香りがします。

アルコール分8.5%

ホワイトと同様に原材料にオレンジピールとコリアンダーが記されています。

ラベルには少しオレンジがかった淡いこげ茶色。甘く豊かなカラメル香。ふくよかな甘みと柔らかい苦味があり、ミディアムフルボディのコクのある甘口タイプとあります。

ベルギービールが片田舎のうちの最寄のスーパーに売っていることがおどろきです。もちろんヒューガルデン・ホワイトも置いています。こんなところで買えるなら全国どこでも買えるのでは。

5年くらい前に初めてヒューガルデン・ホワイトを飲んでこのおいしさを広めるべく今までおいしいおいしいといろいろな方にお勧めしてきましたが、もうかなり認知されているようで、なんかミーハーな感じになってきてしまったので、もうあまり口にするのは恥ずかしいのでやめにしました。

でも好きです。ヒューガルデン・ホワイト。

禁断の果実もおいしいですよ。

banner_02[1].gifあなたの清き1クリックが私のブログ更新の励みとなります
_________________
12日
本日の農作業
出荷・・・アメリカンブルー、コバノランタナ
ジャスミン・・・ピンチ
ボストンファーン・・・施肥

本日の運動      月間累積
スイム  0       6
バイク  0       44  km
ラン  12        24
posted by ずっきーに at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

にごり白生

CIMG2017.jpg

生産国 ベルギー

スタイル ベルジャンホワイト

守谷の西友で203円で購入

ヒューガルデン・ホワイトなどと同じで小麦麦芽を用いているため白くにごります。

特別な白生酵母を発酵用、熟成用と2回使用する画期的な2段仕込み。その白生酵母をたっぷりと使い、しかもフィルターをかけない事でこの素晴らしい旨さと白さを作り出しています。

とあります。

麦芽率たったの25%未満の発泡酒、こんなおいしい発泡酒は他に例を見ません。
値段は発泡酒ではない国産のビールと変わりませんが。

3年くらい前でしょうか、はじめて西友で見つけて飲んだときは感動ものでした。
値段が半額のヒューガルデンって印象です。
次に買いに行った時、箱買いしようとしたら、在庫がなかったので、あるだけ買い占めたくらい。

このビールを飲むとある人を思い出します。

はじめて会った「にごり白生」の存在を知っていた人。

2年前のGWに輪工房の日曜のミニツーリングの後に福田の森の近くの公園でバーベキューをした時のこと。

私はちまたではGWで盛り上がっていても、特に予定もなく自営業なのでただ仕事したりで、さらに失恋したときで落ち込んでいました。そんな時にみんなでバーベキューで楽しく盛り上がれてちょっと救われた思いがあって、印象的な日でした。
まだ私が酒飲みであるとはバレていない頃。輪工房の人たちといっしょにお酒を交わしたのはその時が初めてだったと思います。

こんなバーベキューでまさか「にごり白生」を買ってくる人がいるとはかなりの驚きでした。その他、銀河高原ビールも。なかななのビール通、やるな。なんて思いました。その人とは「にごり白生」について熱く語りました。私が一方的だったかもしれませんがね。とにかくその人が「にごり白生」好きだということには違いがありません。

非常に残念でならないことなのですが、その人は先週の土曜日に自転車に乗っているときに交通事故にあい、帰らぬ人となってしまいました。

もう二度と一緒にお酒を交わすこともできません。

「にごり白生」はそんな思い出のビールになってしまいました。

私なりに追悼の意を表して今日買ってきて飲みました。

これからもこのビールを飲むたびにその人のことを思い出すでしょう。

これからもたまに飲みます。そしてたまにその日のことを思い出します。

その人の声を忘れてしまわぬように。


ご冥福をお祈りいたします。





____________
17日
本日の農作業
水遣り
液肥遣り
アメリカンブルー・・・ピンチ

本日の運動      月間累積
スイム  0        0
バイク  0       309 km
ラン   0       90
posted by ずっきーに at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

デュヴェル

CIMG1801.jpg

生産国 ベルギー

スタイル ベルジャンスタイル・ゴールデンエール

つくばのララガーデンのスーパーで\500で購入。

Duvel→Devilで悪魔の意味。

見た目は淡い色で国産のビールのよう。でもアルコール度数は8.5%。恐るべし。悪魔たる由縁。

あわ立ちがとてもよい。フルーティーで複雑な苦味。

ホントはワインゴブレット型のグラスで飲むべき、今度買おう。

使われているホップはスティリアン・ゴールディングスとざー角2種類である。常温と低温による醗酵と熟成が3ヶ月以上行われる。実験的に造られたビールを飲んだ人の中に「悪魔のようなビール」と評した人物がいたらしいがデュヴェル(フラマン語で悪魔の意)という名はそこから付けられたのである。香り豊かなビールで、オレンジの皮と洋梨のブランデー、青リンゴの味がする。また、わずかだがなめらかでドライさも入っている。

     マイケルジャクソン著 世界の一流ビールより


うーん。味の表現って難しい。


____________
17日
本日の農作業
水遣り
ジャスミン・・・挿し木
アガパンサス・・・温室取り込み

本日の運動      月間累積
スイム  2       2
バイク  25      518 km
ラン   0       55

*スポーツクラブ
posted by ずっきーに at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

シメイ・ブルー

CIMG1554.jpg

生産国 ベルギー

スタイル トラピストビール

シンジュククさんにいただきました。

トラピスト修道院でお坊さんがつくっているビール。トラピストビールでは、シメイは最も入手しやすい銘柄でしょう。他にレッドとホワイトがあり、それぞれ味が異なります。ブルーが最もアルコール度数が高く(9%)、コクがあります。私の好きなビールのひとつです。

以前みたアメリカの一般の人がビールをレヴューするサイトで、何千種類もあるビールの中の1位に輝いていました。
今そのサイトはちょっとみつかりませんでした。

スポーツクラブに行っていて、帰ったらカキの炒め物がありました。五輪をみながらカキを肴にシメイとちょっと贅沢な夜食でした。

CIMG1548.jpg

こんな注意書きが、グラスはワインゴブレット型じゃないといけないようですね。馥郁さを味わうために。ちょっと邪道な飲み方をしてしまいました。瓶を寝かしてはいけないのは、オリが入らないようにでしょう。




_______
13日
本日の農作業
出荷・・・ジャスミン、ハーデンベルギア
水遣り
ジャスミン・・・挿し木

本日の運動      累積
スイム   1     1
バイク   25    89  km
ラン    0     9


posted by ずっきーに at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

ピルスナーウルケル

CIMG1512.jpg

生産国 チェコ

スタイル ピルスナー

ナムコナンジャタウンで520円で購入

ピルスナーは世界で最も飲まれているスタイル。日本の大手のビールもほとんどこの類。
ビール=ピルスナーと思われているくらい。意外と歴史は浅い、綺麗な黄金色と癖のないすっきりとした味わいで瞬く間に世界中に広まった。

ウルケルとは「元祖」と言う意味で、これが世界で最初のピルスナー。

ピルスナーにはジャーマンスタイル(日本のはこっち)とボヘミアンスタイルがある。

ウルケルは、日本の大手のビールと比べ苦味もアロマもコクも程よく強くおいしいです。
posted by ずっきーに at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

フーハルデン・ヴィットビール

CIMG1106.jpg


生産国  ベルギー
スタイル ベルジャンホワイト

野田ジャスコで購入。400円くらい。

ヒューガルデン・ホワイトですね。恐らく日本でもっとも知られるベルギービールではないかと思います。入手もしやすいです。麦芽化されていない小麦が入っていて、白濁しています。また、コリアンダーとオレンジの皮が入っているのが特徴です。私のビール観を変えたビールの一つでもあります。両国のポパイではじめて飲んだ時は衝撃的でした。こんなフルーティーなビールが世の中にあったなんて。もう虜になりましたね。この辺だと、柏のコクリコで樽生が飲めます。
posted by ずっきーに at 01:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ベルビュー・クリーク

CIMG1104.jpg


生産国   ベルギー
スタイル  フルーツランビック

守谷の西友で620円で購入。

クリークとはさくらんぼのことで、醗酵の途中でさくらんぼを漬け込んだビールです。ランビックは野生酵母を使ってつくる珍しいビール。詳しくはここ

一度、愛知博のベルギー館で飲みました。。以前紹介したフランボアーズ(ラズベリー)のさくらんぼ版です。味もほぼいっしょ。さくらんぼの種も一緒に付け込むため、ナッツのような香ばしさが残ります。

ブログネタ用に何本か世界のビールを購入しましたが、記事にしようと思うとなかなか飲めません。
一気に飲んでしまわなくてよいかも。
posted by ずっきーに at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ベルビュウ・フランボアーズ

CIMG1000.jpgベルギービールで、フルーツランビックという種類のビールです。

守谷の西友に寄ったら、売っていたのでつい買ってしまいました。375mlで620円也。ちと高い。
フランボアーズとはラズベリーのことです。真っ赤です。美味しいです。泡立ちもとてもきめ細かいです。はじめて飲みました。

これから、ビールや自ビールのことなど少しづつ書いていきたいと思います。

ランビックは、世界でもとてもユニークなビールです。最大の特徴は空気中に浮遊している野生酵母を使って醗酵させてつくるということです。普通は培養されたイーストをつかいますから。野生酵母をつかうという点ではワインづくりやドブロクのくされもとに似てるかもしれません。しかし、通常ブルーワー(ビール造る人)は野生酵母を忌み嫌います。酸味などのオフフレイバー(雑味)がつきますからね。殺菌消毒を入念に行うのはそのためです。しかし、ランビックは野生酵母によって、醗酵の途中にできる乳酸とフェノールによって複雑な味がでているそうです。乳酸はチーズやたくあん、フェノールはレザーのような匂いをだすそうで、確かにそんな匂いがします。決して、臭いのではなく香ばしいという感じです。

ラベルの説明には、

2〜3年木樽熟成させたランビックに地元でとれた木いちごをつけこみ、約半年醗酵させた自然発酵ランビック。淡いピンク色とシャンペンのような泡立ち、口当たり良い甘さが魅力です。

だそうです。
すごい時間がかかってます。600円でもしかたないかな。

私も、昨年ラズベリービールをつくりましたが(もちろん醗酵はイーストです)、あまり知識もなかったため、はじめにウォート(ビールの素)を煮込む前に、ラズベリーだけで煮込んでつぶしながらラズベリー汁をつくって、残った種や皮などは濾過しました。もったいないから、種ばかりのジャムもつくりましたけど。ビール13リットル仕込むのに2kgのラズベリーを豪快に使いましたから。友部でラズベリーをつくっている友人からいただいたんですが、国内産では2kg末端価格6000円くらいだそうで驚きです。もちろんうちでつくってる花と物々交換です。当然出来上がったビールは何本か収めましたよ。

ベルビュウは私のつくったものよりラズベリーの香りや味(甘み)が明らかに豊かです。ボトル詰めの際に香りを強め、甘みを整えるために果汁や果糖を加えたりもしているようでが、雲泥の違いです。やはりラッキング(容器を変える、底にたまった酵母臭などがつかないように)して、長時間漬け込んだほうがよいのでしょう。それから、あとで本で読んだんですが、フルーツは煮込むのはいけないそうです。ジャムとかは煮込むから良いと判断してました。煮込むのは殺菌のためなので、熱湯に浸すくらいにしておいたほうがよいそうです。

今年もラズベリーが手に入ったら、時間をかけて熟成させて試してみたいです。

まだ、昨年の6ヶ月もののラズベリービールが2本残っているので、飲み比べてみます。

ベルビュウ・フランボアーズ美味しいので見つけたら飲んでみては?
他にチェリービールのベルビュウ・クリークってのも美味しいです。
ちなみにベルビュウとは醸造所の名前です。



posted by ずっきーに at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。