タカノリフローラルの植物
    
☆マウイでキャンプ ハレアカラ編 ハナへの道編 携行品
      

2008年04月20日

ポルフィロコマの葉の萎縮と黄化

前回の補足ですが、ポルフィロコマの葉は強い日光の下では、萎縮、黄化します。温度が低いのはあまり問題ないようです。

Image643.jpg

ちょっと置く場所がなくて日向で放っておいたら、こんな感じになってます。日陰にして温度をかければ復活すると思います。

Image644.jpg Image645.jpg

ピンチで余った穂を挿した様子。ポットに直接ですがたぶん大丈夫だと思います。

Image654.jpg

私が部屋で育てているポルフィロコマです。
真冬は結構寒い場所でしたが、このような状態をキープしていました。温度が低いといって調子が悪くなることはなかったです。ただ花は咲きませんでした。しかし、松かさのような赤い苞はずっとたのしめました。日光には全く当てていません。部屋の中で置きっぱなしで育てられます。
ちなみにひどく萎れさせてしまっても復活します。
ものぐさな人にはオススメの植物なんですけどね。

にほんブログ村 花ブログ←ランキング参加中 ポチっとおねがいします 
_______________
本日の農作業
16、17日 ハツユキカズラ・・・定植
17日 ダイアモンドフロスト・・・吊り下げ
18日 ニューギニアインパチェンス・・・挿し木
19日 ヒマワリ・・・播種
posted by ずっきーに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルフィロコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

ポルフィロコマのピンチ

先週の土曜日ですが、ポルフィロコマのピンチ(摘心)をしました。

10.5cmのポリポットで育てていますが、花が一本しか立ち上がらないとちょっと物足りないのでピンチして2、3本出させる予定です。昨年からつくっていて昨年は一本立ちでした。

Image632.jpg

つくり方はここにあります。ちょっと参考にしてます。ピンチは必要ないとありますがします。最低19℃以上ないと、葉っぱは黄色くなった縮むとあります。確かにそうです。そこで電熱温床に入れて夜間は20℃以上を保っています。日陰を好むので強い光の下に置くとやはり葉が縮む傾向にあります。
育苗中は寒冷紗をかけていたら、暗すぎたのか、水をやりすぎたのか込み入りすぎていたためか、徒長してしまったので、今は昼間はビニールを掛けているくらいのシェードですが、良好に育っています。少し隙間を空けて風通しは良くしています。

Image633.jpg
ちょっと徒長しています。

Image634.jpg
2、3節残してピンチします。

まだ株が出来上がってない段階のピンチなので、脇芽が2本以上延びてくるかが心配です。ピンチしても、1本しか延びないもかしれません。

ノーピンチで大体11節か12節くらいに花がつきます。
Image407.jpg

ピンチした枝はもったいないので、9cmポットに直接挿しました。
強健な植物なのでたぶん着くと思います。

_______________
本日の農作業
10日 ジャスミン・・・ピンチ
11日 芝桜・・・出荷
   ダイアモンドフロスト・・・わい化剤ドレンチ
12日 ポルフィロコマ・・・ピンチ、挿し木
13日 ジャスミン・・・ピンチ
14、15日 初雪かずら・・・定植

本日の運動
11日 ラン  5km
12日 ラン  5km
13日 バイク 68km
Image640.jpg
日曜日の朝、11月ぶりにロードバイクを動かしました。小雨でしたが菜の花の中気持ちよかったです。
最近の運動       月間累積
スイム  0        0
バイク  68        68    km
ラン   10        45

posted by ずっきーに at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルフィロコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。